経営コラム - 2021-07-14

法人税15%時代の訪れ!?

先日イタリアのベネチアで開かれていた主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議にて、「デジタル課税」の導入と、世界共通で法人税の最低税率を15%以上にするという新ルールが発表されました。

多国籍企業が税率の低い国に設けた子会社に利益を移すなどして税負担を軽くする「課税逃れ」の抑止が狙いで、10月に最終合意し、2023年の導入を目指すとの事です。

協議には139カ国・地域が参加しており、日米や中国、欧州の主要国など132か国・地域が新ルールの参加に合意していますが、アイルランド(税率12.5%)やハンガリー(同9%)といった数か国が合意しておらず、税率を低く抑えて企業誘致を進めてきた軽課税国の反発は避けられないのかもしれません。

 

日本の法人税率の推移           ※財務省HPより

  

日本の法人税率は世界の水準に追いつくよう、引き下げられてきました。現在23.2%(一部19%・15%)で、今回の新ルールには既に当てはまっています。

法人税は国に納める法人税・地方法人税の他に、地方自治体に納めるものもあり、それらを含めた実効税率は29.74%程になります。

 

世界の法人実効税率ランキング(20215月時点)  ※OECD加盟国

 

今回の新ルールとは別に、イギリスではコロナ対応による政府債務の解消に向け、20234月より、大企業の法人税を19%⇒25%に引き上げる方針を発表しています。

今後、新ルールやコロナによって、法人税の世界的なトレンドが大きく変わっていくのかもしれません。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所  植木 


ブログ TOP

節税対策 2021-07-06

令和2年度税制改正により、消費税の確定申告期限を1ヶ月延長できるようになりました。 元々法人税においては確定申告書の提出期限延長の規定はあ ...


節税対策 2021-06-29

 中小企業倒産防止共済とは取引先が倒産した場合に掛金総額の10倍の範囲内(最高8,000万円)で回収困難な売掛債権等の額以内で貸付けが受けら ...


経営コラム 2021-06-24

新型コロナウイルス感染症に関して、貸付を受け、利子補給金の交付申請をされた方もおられるかと思います。 今回はその利子補給金の収益計上時期に ...


節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


経営コラム 2021-06-09

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00