経営コラム - 2012-10-05

弁護士の着手金

何かトラブルに巻き込まれた、他者との交渉を専門家に任せたい等々、弁護士に相談される案件は意外と多いものです。

 

しかし、その弁護士と報酬についてトラブルとなったら。。。

 

例えば、着手金の取り扱いについてご存知ですか?

 

着手金は弁護士に事件を依頼した段階で支払うもので、事件の結果に関係なく、つまり不成功に終わっても返還されません。

 

着手金は報酬金の内金でもいわゆる手付でもありませんので、ご注意を!

 

ちなみに、着手金はどんなことがあっても返還されないわけですから、支払った時点で全額経費処理します。

 

平川 泰広


ブログ TOP

節税対策 2021-09-29

 中小企業に対する税制上の優遇措置として法人税では様々な制度がありますが、その中の要件として中小法人であることがあります。他方で租税特別措置 ...


経営コラム 2021-09-22

電子帳簿保存法は、国税関係帳簿書類の保存を紙媒体ではなく、電子データでの対応を認めた法律であり、令和4年1月1日から改正された電子帳簿保存法 ...


節税対策 2021-09-16

毎年12月ギリギリにふるさと納税したい!と思いタイムアウトを迎えます。今年こそは重い腰を上げようと意気込んでおります。すでにされている方も多 ...


相続・事業承継コラム 2021-09-08

不動産を取得すると、不動産取得税や登録免許税がかかりますが、 相続が原因の取得であってもこれらの税金はかかるのでしょうか。   ...


節税対策 2021-09-01

ふるさと納税とは、あなたが応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことで、ふるさと納税の寄付金は、控除上限の範囲内で2,000円を超える部分に ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00