節税対策 - 2015-02-05

代償分割について

代償分割とは、遺産の分割に当たって相続人の1人又は数人が、他の相続人より多くの遺産を相続する代わり、他の相続人に対して差額分を金銭や物で支払う(債務を負担する)方法です。

 

たとえば、相続財産が自宅や事業用土地だけしかなく、相続人が長男と長女の2人だったとして、事業を引継いだ長男が自宅と事業用土地を相続すれば長女には何も残りません。

 

だからといって長男と長女で自宅と事業用土地を共有したところで、長女が自宅に居住しないなら、長女には何のメリットもなく、さらに長女が死亡してしまうとその配偶者や子が自宅の共有者となり権利が複雑となってしまします。

 

このような時に、長男が自宅や事業用土地(10,000万)を相続する代わりに長女へ金銭(4,000万)を支払うというような代償分割が利用されます。

 

この場合の相続税の課税価格は簡単に計算すると次のようになります。

 

  長男の課税価額

 

  10,000万円-4,000万円=6,000万円

 

  長女の課税価額

 

  4,000万円

 

 

 

この際、遺産分割協議書の書き方には注意が必要です。

 

代償分割について記載をしておかないと代償金の支払いが贈与であるとされ、贈与税が課税される可能性があります。

 

遺産分割協議書に「代償として支払う」という事を明確に記載しておく必要があります。

 

以上、簡単ですが、分割しにくい相続財産等でお悩みの方はぜひご相談ください。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 中村


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00