節税対策 - 2018-06-21

果実酒造りと酒税法の関係

6月も中旬を過ぎ、スーパーなどでも青梅をよく目にするようになりました。

お酒の好きな方は、自分で梅酒などの果実酒を作られる方もいらっしゃるでしょう。

果実酒は、青梅などの果実を砂糖と共にホワイトリカー・ブランデー・焼酎などで

数カ月漬け込むと出来上がります。自分で作って自分で飲むんだから、

法律なんて関係ないんじゃないの?と思われる方、多いと思います。

ですが、本来、お酒の製造には酒税法が関係してきますので、注意が必要です。

 

 

今回問題となるのは、酒税法における下記の項目です。

・作ったお酒、全てに税金をかけます

・日本において「お酒」とは「アルコール分1%以上」のものを指します

・お酒を製造するには、「酒類製造免許」という国の免許が必要。

 免許を受けた人も許可のおりた場所で製造してください

 

 

果実をお酒で漬け込む事も、できた果実酒はアルコール分1%を超え、

新たにお酒を製造したとみなされますが、「家庭で自分が飲むために

果実酒を作る場合においては、例外として許可無くお酒を造ってもよい」という

例外的な許可があります。

 

この例外的な許可が適応される条件として

・果実を漬け込む酒のアルコール度数が「20%以上」であり、

 既に酒税が徴収済みである事

 また二種類以上のお酒を混ぜない

・米、麦、あわ等の穀物、ぶどう、山ぶどう類を漬け込まない

・自分や同居の家族が飲む為のもので、販売しない事

 

 

漬け込むお酒のアルコール度数20%未満であると、更にお酒の発酵が進んでしまいアルコール度数が上昇します。

これは「醸造」という行為に当たり、「醸造」を行うには「酒類製造免許」必要ですので、許可を受けていない場合は、法律違反となります。

また、ホワイトリカー・ブランデー・焼酎はアルコール度数が20%を超えますが、

日本酒やワインはほぼ20%未満となりますので、使用する際は確認が必要です。

梅酒などの果実酒を御自分で作られる際は、以上の事を踏まえて、法律違反にならないよう楽しまれてください。

 

 

川庄会計グループ  川庄公認会計士事務所  須川


ブログ TOP

節税対策 2024-07-12

今日は、川庄会計の戸島です。 前回のブログにて、税務署等の調査あった場合には、その調査が「任意調査」なのか「強制調査」であるのか、調査担当 ...


お客様の声 2024-07-05

源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 ただし、給 ...


人事労務コラム 2024-06-26

6月支給分の給与、賞与から定額減税が始まりました。個人事業主で予定納税がある人の定額減税の取扱いについて書きます。個人事業主の予定納税とは& ...


お客様の声 2024-06-21

  近年における経営者の高齢化により、次の世代へ経営権を引継ぎしたいと考える経営者も多いと思います。しかし事業承継における課題とし ...


経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00