節税対策 - 2019-05-16

「節税」保険の見直し 改正通達について

 保険を用いた「節税」が行き過ぎとして、金融庁が実態調査を行い、国税庁は改正する動きを見せていました。これらの動きを受けて保険会社は対象となる保険商品の販売を停止・自粛したりしていました。

 

 そして今年の4 月11 日に国税庁から、節税保険についての通達改正のパブリックコメント(意見公募)が出されました。

 

 

 

〇改正後の定期保険等の保険料の取扱い

 

 定期保険及び第三分野保険(以下、定期保険等)の保険料は、改正により次の取扱いとなります。

 

 

 

(1) (2)以外の定期保険等の保険料の取扱い

 

 期間の経過に応じて損金の額に算入

 

 

 

(2) 定期保険等の保険料に相当多額の前払保険料が含まれる場合の取扱い

 

 次の条件をすべて満たす定期保険等の保険料は、最高解約返戻率に応じて損金の額に算入

 

① 契約者:法人

 

② 被保険者:役員又は使用人(これらの親族を含む。)

 

③ 保険期間:3年以上

 

④ 最高解約返戻率:50%超

 

 具体的には、

 

Ⅰ ピーク時の返戻率85%超

 

  1~10年目:100%-(ピーク時返戻率×0.9)

 

  11年目以降:100%-(ピーク時返戻率×0.7)

 

Ⅱ ピーク時の返戻率70%超85%以下

 

  2/5経費(40%経費・60%資産計上)

 

Ⅲ ピーク時の返戻率50%超70%以下

 

  3/5経費(60%経費・40%資産計上)

 

Ⅳ ピーク時の返戻率50%以下

 

  全額経費

 

 

 

 では、③の場合で簡単な仕訳例を以下に示します。

 

 

 

 (1,000万円の保険料を支払った場合)

 

 (借) 保険積立金 400万  (貸)  預金 1,000万

 

     保険料    600万

 

 

 

 (返戻時)

 

 (借) 預金  700万  (貸) 保険積立金  400万

 

                    雑収入     300万

 

 

 

 ただし、上記のすべての要件を満たしたとしても、次のすべての要件に該当する場合には(1)の取扱いとする。

 

① 最高解約返戻率:70%以下

 

② 年換算保険料相当額(※):20万円以下

 

(※)同じ被保険者が複数加入している場合には各契約分を合算した額

 

 

 

 現段階では、新通達前の既契約については適用されないとのことです。

 

 

 

 保険の節税対策にメスが入ったことにより、保険の取扱いには注意が必要となります。詳しいことは、ぜひ川庄公認会計士事務所へご相談ください。

 

 

 

川庄公認会計士事務所 嶋村総志


ブログ TOP

経営コラム 2021-06-24

新型コロナウイルス感染症に関して、貸付を受け、利子補給金の交付申請をされた方もおられるかと思います。 今回はその利子補給金の収益計上時期に ...


節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


経営コラム 2021-06-09

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援 ...


節税対策 2021-06-03

1,000万円以上する居住用賃貸建物を取得する場合は、注意が必要です。 ※居住用賃貸建物を取得等した場合の仕入税額控除の適用不可令和2年1 ...


節税対策 2021-05-26

消費税法上、消費税が課税される取引は次の要件を満たすものをいいます。 ①国内において行われる取引 ②事業者が事業として行う取引 ③対価 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00