節税対策 - 2014-10-17

民法改正!?

民法の内容が大きく変わりそうです。

来年の通常国会に法案提出見込みですが、120年ぶりの大改正と言われています。

 

 

改正予定項目で、わたしたちに影響がありそうな項目を挙げてみます。

 

 

法定利率   5%固定金利    → 3%かつ3年ごとに1%刻みで見直し

 

 

金銭契約   個人保証が常態化  → 個人保証の原則禁止

         経営者以外の保証人は、公証人が意思を確認

 

 

時効     短期消滅時効債権  → 5年に統一

        飲食  1年     一般債権の原則10年は存続

        診療費 3年などまちまち

 

 

            

保証人    マンション賃貸契約における

        保証人が負う賠償限度額の規程を義務付け

 

 

敷金     規程なし      → 返還義務と原状回復基準を明記

 

 

欠陥商品   契約解除か損害賠償 → 修理や交換を請求できることを明記

 

 

これ以外にも債権譲渡の緩和など気になる項目がいくつかあります。

 

これからもニュースや記事で取り上げられるでしょうから、ぜひ注目してみて下さい。

 

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所  馬場 俊輔


ブログ TOP

経営コラム 2021-06-24

新型コロナウイルス感染症に関して、貸付を受け、利子補給金の交付申請をされた方もおられるかと思います。 今回はその利子補給金の収益計上時期に ...


節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


経営コラム 2021-06-09

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援 ...


節税対策 2021-06-03

1,000万円以上する居住用賃貸建物を取得する場合は、注意が必要です。 ※居住用賃貸建物を取得等した場合の仕入税額控除の適用不可令和2年1 ...


節税対策 2021-05-26

消費税法上、消費税が課税される取引は次の要件を満たすものをいいます。 ①国内において行われる取引 ②事業者が事業として行う取引 ③対価 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00