経営コラム - 2014-12-26

健康保険任意継続について

会社を引退し、今までは考えたこともなかった(方も多いと思われる)健康保険。

退職後の健康保険は、どうなるのか心配されている方も多いかもしれません。

 

そこで、健康保険についてお話したいと思います。

 

まず退職後の健康保険についてですが、

概ねの方は以下3つより選ぶことになります。

 

①国民健康保険に入る。

②任意継続をする。

③ご家族の健康保険に被扶養者として入る。

 

上記3つのうちどの健康保険に加入した方が良いかは、一概には判断できず、

個々人の状況(前職の収入や扶養している人数など)によって異なってきます。

 

ここでは、上記3つの「退職時に選ぶ健康保険」の内「②の任意継続」についてご説明したいと思います。

 

◇まずは基礎知識

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加入要件

1、資格喪失日の前日までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」があること。

2、資格喪失日から「20日以内」に申請すること。(20日目が営業日でない場合は翌営業日まで)

 

被保険者期間:任意継続被保険者となった日から2年間

 

保険料:退職時の標準報酬月額×10.12%(福岡県、平成26年度9月以降の場合)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

任意継続の保険料と聞くと、

「今まで納めていた保険料の倍負担なので支払額が大幅に増えそう」と思われるかもしれませんが・・・必ずしもそうとは言えません。

 

◇標準報酬月額には上限がある!

前提として、保険料は「退職時の標準報酬月額」×「都道府県ごとに決められた料率」で計算しますが、「任意継続の時だけ」金額が大きい場合は保険料が打ち止めされます。

具体的には標準報酬月額の上限が28万円で標準報酬月額が50万円であろうと100万円であろうと保険料は、月額28,336円(介護保険料除く)となり、退職時の給与が大きい方は任意継続がお得な場合もあります。

 

他にも、扶養の人数や居住地など様々なケースでお得か変わってきます。

どちらが得となるかご不明の場合は、川庄公認会計士事務所担当者までご相談下さい。

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 麻生


ブログ TOP

節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


経営コラム 2021-06-09

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援 ...


節税対策 2021-06-03

1,000万円以上する居住用賃貸建物を取得する場合は、注意が必要です。 ※居住用賃貸建物を取得等した場合の仕入税額控除の適用不可令和2年1 ...


節税対策 2021-05-26

消費税法上、消費税が課税される取引は次の要件を満たすものをいいます。 ①国内において行われる取引 ②事業者が事業として行う取引 ③対価 ...


節税対策 2021-05-17

令和3年4月1日以降、国税に関する税務関係書類(申告書・届出書等)について、次に掲げるものについてのみ押印が必要となり、これ以外のものについ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00