節税対策 - 2019-02-08

所得税確定申告 ~医療費が10万円に満たないケース~

 さて、2月に入り確定申告に必要な書類が弊社へ続々と届いています。

その中で、「10万円に満たないから」と1年かけて集めた医療費の領収書を引っ込めてしまう方がいらっしゃいますが、その領収書も控除できるかもしれません!

 

 

 

 医療費控除では、「総所得金額...の百分の五に相当する金額を超えるときは、その超える部分の金額を...控除する」となっています。

 ただし書きで、医療費が「10万円を超える場合には、10万円」を控除するとなっており、そこで判断されている方が多いようです。

 

 

 たとえば、一年間で医療費を8万円払っていたとして、年間総所得が150万円だった場合では、

    8万円-(保険金額等で補填される金額)-150万円x0.05

 

 

 となり、保険等の補填が0円であれば、5,000円が医療費控除額となります。

 せっかく集めた領収書です。10万円にみたなくても総所得と照らし合わせて、ご確認くださいませ。

 

 

 

 

川庄グループ 川庄公認会計士事務所 田原


ブログ TOP

経営コラム 2023-12-01

令和5年分確定申告より、マイナポータルとe-Taxを連携することにより、 ・給与所得の源泉徴収票 ・国民年金基金掛金 ・iDeCo ...


節税対策 2023-11-24

昨日はとても暑く、夏が舞い戻って来たかと思いました。そんな中、「かすが自転車さんぽ2023」に参加してきました。参加したと言っても、各々自由 ...


経営コラム 2023-11-17

税務上、得意先等への接待で飲食等を行った際の費用が、1人当たり5,000円以下である場合には、交際費等から除くことができます。 なおこの場 ...


節税対策 2023-11-06

 法人が個人やフリーランスの方に下請け業務を依頼して支払いを行う場合、外注か又は給与のどちらに該当するか迷うケースがあると思います。 &n ...


人事労務コラム 2023-10-27

そろそろ年末調整の時期になりました。   令和5年の変更点について書きます。 今年は主に3つの変更点があります。 &nbs ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00