節税対策 - 2020-04-15

緊急経済対策に盛り込まれた税制上の措置

政府において、今後、国税に関する税制について、以下の措置を検討することとされています。

 

 

① 納税の猶予制度の特例

② 欠損金の繰戻しによる還付の特例

③ テレワーク等のための中小企業の設備投資税制

④ 文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄付金控除の適用

⑤ 住宅ローン控除の適用要件の弾力化

⑥ 消費税の課税事業者選択届出書等の提出に係る特例

⑦ 特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税

 

 

※ 検討中の措置の概要については、財務省ホームページをご覧ください。

https://www.mof.go.jp/tax_policy/keizaitaisaku.html

 

 

これらの措置は、関係法案等の設立後に適用されることになりますが、具体的な取扱いや適用要件の詳細につきましては、法律等成立後、改めてご案内いたします。

 

弊社では、経営者の皆様に安心して事業を継続していただけるようお手伝いして参ります。お困りのことがございましたら弊社までご相談下さい。

 

川庄グループ 川庄公認会計士事務所 辻本


ブログ TOP

節税対策 2024-07-12

今日は、川庄会計の戸島です。 前回のブログにて、税務署等の調査あった場合には、その調査が「任意調査」なのか「強制調査」であるのか、調査担当 ...


お客様の声 2024-07-05

源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 ただし、給 ...


人事労務コラム 2024-06-26

6月支給分の給与、賞与から定額減税が始まりました。個人事業主で予定納税がある人の定額減税の取扱いについて書きます。個人事業主の予定納税とは& ...


お客様の声 2024-06-21

  近年における経営者の高齢化により、次の世代へ経営権を引継ぎしたいと考える経営者も多いと思います。しかし事業承継における課題とし ...


経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00