節税対策 - 2021-01-28

オンライン飲み会に係る費用

コロナウイルスの影響で会社の行事である“飲み会”が自粛され、落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?(私もその一人です。)

 

会社によってはオンラインによって飲み会を行う会社も増えているとか・・・

そこで今回はオンライン飲み会での費用を会社が負担した場合に福利厚生費として会社の経費になるか否かケースごとに確認していきたいと思います。

 

その前に・・・

福利厚生費となる要件

基本的に福利厚生費として認められるためには下記のすべてを満たす必要があります。

①すべての従業員を対象

②金額が常識の範囲内

③現金支給でない

 

ケース1

一律の金額を従業員に支給しそこから各自飲食費を支出する場合

→上記の③を満たさないので従業員に対する給与となり、給与課税の対象となります。

 

ケース2

特定の者だけで飲食した場合

→この場合は①を満たさないので福利厚生費とはなりませんが、内容によって交際費、会議費、給与となります。

 

ケース3

実費精算によって経費を精算(上記①~③は満たすものとする。)

→この場合は福利厚生費になるでしょう。

細かく言うと

参加者が飲み会に要した費用に掛かる領収証(レシートなど)を開催後に収集し

その金額を従業員に返還した場合です。

 

ケースごとに見てきましたが、細かくは会社の規模や実態などで処理が変わってきます。

今後はオンライン飲み会が主流となる時代になるかもしれません。

経費処理などでお困りの際は、ぜひ川庄公認会計士事務所までお申し付けください。

川庄公認会計士事務所 畠中


ブログ TOP

経営コラム 2023-12-01

令和5年分確定申告より、マイナポータルとe-Taxを連携することにより、 ・給与所得の源泉徴収票 ・国民年金基金掛金 ・iDeCo ...


節税対策 2023-11-24

昨日はとても暑く、夏が舞い戻って来たかと思いました。そんな中、「かすが自転車さんぽ2023」に参加してきました。参加したと言っても、各々自由 ...


経営コラム 2023-11-17

税務上、得意先等への接待で飲食等を行った際の費用が、1人当たり5,000円以下である場合には、交際費等から除くことができます。 なおこの場 ...


節税対策 2023-11-06

 法人が個人やフリーランスの方に下請け業務を依頼して支払いを行う場合、外注か又は給与のどちらに該当するか迷うケースがあると思います。 &n ...


人事労務コラム 2023-10-27

そろそろ年末調整の時期になりました。   令和5年の変更点について書きます。 今年は主に3つの変更点があります。 &nbs ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00