お客様の声 - 2021-02-12

令和2年分確定申告について

1. 申告期限及び納期限

新型コロナウィルスの影響で確定申告における申告・納付期限が一括延長されております。

◇ 申告期限

期限が令和3年4月15日(木)に延長されております。

 所得税・贈与税   ...令和3年3月15日(月)まで→延長後4月15日(木)

 個人事業者の消費税 ...令和3年3月31日(水)まで→延長後4月15日(木)

◇ 納期限(振替納税を利用するの場合の振替日)

 所得税・贈与税   ...令和3年3月15日(月)まで→延長後4月15日(木)

(振替日       ...令和3年4月19日(月)  →延長後5月31日(月))

 個人事業者の消費税 ...令和3年3月31日(水)まで→延長後4月15日(木)

(振替日       ...令和3年4月23日(金)  →延長後5月24日(月))

 

2. 税制上の主な変更点

・基礎控除の見直し

基礎控除としては、これまですべての納税者が一律で38万円を控除できました。

2020年分から基礎控除の額が変更になり、所得制限も設けられています。

①合計所得金額が2,400万円以下の人については、48万円に改正されます。

②合計所得金額が2,400万円を超える人については、基礎控除の額が段階的に少なくなり、合計所得金額が2,500万円を超えると0円となります

 

・給与所得控除の引き下げ、所得金額調整控除の創設

①給与収入850万円以下の人については、給与所得控除額がこれまでより10万円引き下げになります。

②給与収入850万円超の人については、給与所得控除額がこれまでより最大で25万円引き下げになります。ただし、子ども・特別障害者等養っている方は「所得金額調整控除」が適用でき、増税にならないよう調整がなされます。

 

・青色申告特別控除の控除額の変更

以前のブログでご紹介した通りです。

 

・「ひとり親控除」の創設

事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる人がいなく、生計を一にする子がおり、合計所得金額が500万円以下であれば、35万円の控除が受けられるようになります。

 

2021年の確定申告では控除額の変更がいくつかありますが、税金の額には影響がない人も多くなっています。

なお、前回のブログでご紹介した通り、個人事業主が青色申告する場合には、

e-Taxによる申告をすることで税金を安くできます。

節税のために、e-Taxを利用し申告するのがおすすめです。

 

確定申告についてお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

 

川庄公認会計事務所  大薗


ブログ TOP

節税対策 2021-04-14

父母や祖父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合、一定の金額までは贈与税がかかりません。平成27年から始まったこの特例は令和3年12月 ...


節税対策 2021-04-07

間違いやすい消費税処理について今回は住宅として賃貸借契約をしている建物を事業所として使用した場合の消費税処理を取り上げます。   ...


お客様の声 2021-03-31

コロナ禍で、失業する方々も増えている昨今 ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた新卒・中途採用による人材の獲得や人材育成への 投資を促進す ...


お客様の声 2021-03-17

  ➀令和元年分の確定申告をこれから行う場合  令和2年分確定申告の申告等が令和3年4月15日まで延長されていますが ...


節税対策 2021-03-10

令和2年度の確定申告の申告期限は4/15に延期されましたが、川庄事務所の申告期限は3/15で動いていますので、申告期限まであと数日となりまし ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00