節税対策 - 2021-02-17

確定申告が必要?した方が得?

引き続き確定申告のお話になります。
今更聞けない・・・私は確定申告をすべきかどうか。
そんな方もおられると思います。

年間の所得金額から、所得控除を差し引いた金額がプラスになる人は、
確定申告を行わなければいけません。ただし、年末調整済みの場合など、
特定の要件を満たす場合は確定申告をしなくても良いとされています。
具体的には以下の方は確定申告が必要となります。
①フリーランスや自営業などの個人事業主で、事業収入がある人
②不動産収入がある人
③一時所得がある人
④退職所得があり、退職所得の受給に関する申告書を提出していない人
ざっと書きましたが、個別に見て確定申告をしなくて良い場合もあります。
詳しくは会計事務所にご相談ください。

今度は、確定申告をした方がいいかたとは?
「確定申告は不要」とされている人でも、確定申告をするで節税できる
場合もあります。それは、「余分に税金を納めてしまっているとき」で、
その場合は確定申告を行えば還付金を受け取ることができます。
例えば、次のようなケースです。
①事業で赤字が出ている
②年の途中で退職した(年末調整を受けていない)
③アルバイト先などで源泉徴収されている
④医療費が10万円を超えた
⑤寄附やふるさと納税をした
⑥住宅ローンを組んだ

令和3年も始まって1ヵ月半が経ちました。
来年こそは確定申告してみようかなと考えるかたは
この時期から計画的に医療費の領収書を保管したり、
ふるさと納税やiDeCoを考えてみてはいかがでしょうか。
いつもと違う収入が増えたけど税金はどうしたらよい?
などお悩みの際は、当事務所へ一度ご相談ください。

           川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 安部


ブログ TOP

節税対策 2021-04-14

父母や祖父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合、一定の金額までは贈与税がかかりません。平成27年から始まったこの特例は令和3年12月 ...


節税対策 2021-04-07

間違いやすい消費税処理について今回は住宅として賃貸借契約をしている建物を事業所として使用した場合の消費税処理を取り上げます。   ...


お客様の声 2021-03-31

コロナ禍で、失業する方々も増えている昨今 ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた新卒・中途採用による人材の獲得や人材育成への 投資を促進す ...


お客様の声 2021-03-17

  ➀令和元年分の確定申告をこれから行う場合  令和2年分確定申告の申告等が令和3年4月15日まで延長されていますが ...


節税対策 2021-03-10

令和2年度の確定申告の申告期限は4/15に延期されましたが、川庄事務所の申告期限は3/15で動いていますので、申告期限まであと数日となりまし ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00