節税対策 - 2021-02-24

新型コロナウイルス感染症に係る給付金と所得税の課税関係

令和2年分の確定申告につきまして、新型コロナウイルス感染症に係る給付金と所得税の課税関係は以下の通りとなります。

 

【非課税となるもの】

(1)助成金の支給の根拠となる法令等の規定により、非課税所得と規定されるもの

(2)その助成金が次に該当するなどして、所得税法の規定により非課税所得とされるもの

①学資として支給される金品(所得税法9115号)

②心身または資産に加えられた損害について支給を受ける見舞金(所得税法9117号)

 

(例)

・新型コロナウイルス感染症対応休業給付⾦(雇⽤保険臨時特例法7条)

・特別定額給付⾦(新型コロナ税特法4条1号)

・子育て世帯への臨時特別給付⾦(新型コロナ税特法4条2号)

・学⽣⽀援緊急給付⾦

・低所得のひとり親世帯への臨時特別給付⾦

・新型コロナウイルス感染症対応従事者への慰労⾦

・企業主導型ベビーシッター利⽤者⽀援事業の特例措置における割引券 など

 

【課税となるもの】

上記の非課税所得となる助成金以外については、事業、一時所得、雑所得のいずれかとされ、所得税の課税対象になります。

(1)事業所得

事業に関連して支給される助成金等が該当します。

 

(例)

・持続化給付⾦(事業所得者向け)

・家賃⽀援給付⾦ ・農林漁業者への経営継続補助⾦

・文化芸術・スポーツ活動の継続⽀援 

・雇⽤調整助成⾦

・⼩学校休業等対応助成⾦

・⼩学校休業等対応⽀援⾦ など

 

(2)一時所得.

事業に関連しない助成金等が該当します。

 

(例)

・持続化給付⾦(給与所得者向け)

Go Toキャンペーン事業における給付⾦ など

 

(3)雑所得

(1) (2)に該当しないもの

 

確定申告についてお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

 

参照:国税庁HP「令和2年分の確定申告においてご留意いただきたい事項」

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/ryuiten.pdf

 

川庄公認会計士事務所 山下


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00