経営コラム - 2022-06-17

マイナポイント第2弾申請開始

630日よりマイナポイントの第2弾の申し込み受付が開始されます。

 

1弾ではマイナンバーカードの取得したうえで20,000円までのチャージ又は買い物により、5,000円分のマイナポイントが付与されました。

 

2弾では、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるように申し込むことで7500円分、公金受取口座を登録することにより7,500円分のマイナポイントが付与されます。

 

この公金受取口座を登録することにより、今後の緊急時の給付金等の申請において、申請書への口座情報の記載や通帳の写し等の添付、行政機関における口座情報の確認作業等が不要となります。

 

このマイナポイントは一時所得に該当するため、所得税の課税対象となります。一時所得には50万円の特別控除がございますので、マイナポイントを含めた一時所得が50万円を超えると確定申告が必要となります。

 

川庄公認会計士事務所 山下


ブログ TOP

経営コラム 2022-06-22

 昨今の長引くコロナの影響により、会社の業績が悪化し資金繰りに苦慮している会社も多いかと思います。そこで今回は前年に支払った法人税等について ...


お客様の声 2022-06-14

土木工事業で機械装置を購入するかどうか検討していると、販売会社より、「中小企業経営強化税制が適用されるため、ぜひ今のうちにご購入を!」という ...


経営コラム 2022-06-01

2023年10月からインボイス制度が始まります。 課税事業者への転換や、システム導入・改修に補助金が活用できます。 インボイスの対応のた ...


経営コラム 2022-05-27

5月もあとわずかになりました。 会計事務所や税理士事務所は繁忙期が終わりに差し掛かりようやく一息つけるといったところでしょうか。 仕事を ...


節税対策 2022-05-16

 新型コロナウイルス感染症の影響で売上高が一定割合減少する中小法人等に、最大250万円を支給する事業復活支援金の申請受付が令和4年5月31日 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00