節税対策 - 2015-01-24

世帯分離のメリット・デメリット

世帯分離とは

 

 世帯分離とは、文字通り、今ある世帯を分割して複数の世帯にすることです。

 

 ここでいうところの世帯とは、単に同じ建物に住んでいるということではなく、

 

 住民票上の構成員ということです。

 

※「世帯」の定義は、一般的には「生計が一」かどうかと考えられます。

 

世帯分離によるメリット(負担軽減)

 

 ・介護サービス利用料(入所施設の食費・居住費含む)

 

 ・介護保険料窓口負担分

 

 ・国民健康保険料

 

 介護サービス利用料・介護保険は、それぞれ世帯の所得金額により負担額に上限が定められています。(第1段階~第4段階)そのため、利用者を単独世帯とし、世帯をわけることで、全体の負担が軽減する場合があります。

 

 国民健康保険料についても、世帯の所得金額が低い場合は、2割~7割の減額制度が適用されるので、負担が軽減する場合があります。

 

世帯分離によるデメリット

 

 ・国民健康保険料

 

・サラリーマンなどの扶養手当(個々のルールによりますが)

 

介護サービス利用者の所得が高い場合は、世帯主それぞれが国保に加入することになるので、負担増になる場合があります。

 

手続きは、各自治体の「転入転出など住民票の異動に関する届出を担当する窓口」に申し出ることで可能です。利用する場合は、メリット・デメリットを考えましょう。

 

 

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 井本


ブログ TOP

節税対策 2024-07-12

今日は、川庄会計の戸島です。 前回のブログにて、税務署等の調査あった場合には、その調査が「任意調査」なのか「強制調査」であるのか、調査担当 ...


お客様の声 2024-07-05

源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 ただし、給 ...


人事労務コラム 2024-06-26

6月支給分の給与、賞与から定額減税が始まりました。個人事業主で予定納税がある人の定額減税の取扱いについて書きます。個人事業主の予定納税とは& ...


お客様の声 2024-06-21

  近年における経営者の高齢化により、次の世代へ経営権を引継ぎしたいと考える経営者も多いと思います。しかし事業承継における課題とし ...


経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00