節税対策 - 2016-12-27

国税のクレジット納付がスタートします

2016年も残りわずかとなり今年の総括と新年に向けて抱負を考えられている頃だと思います。

 

 

2017年1月4日8時30分より国税のクレジット納付が可能となります。

対象税目は所得税、法人税、消費税、贈与税とほぼ全ての税目が利用可能で

手続きも国税庁のHPからアクセスし利用者情報、納付内容、カード情報を入力すれば完了となります。

 

 

 

クレジット納付のメリットとして

 

・クレジットカードのポイントが付く

・分割払いやリボ払いを活用することで実質的な分納が出来る

・納付期限までに手続きすれば引き落とし日まで納税を先延ばしできる

・24時間利用可能

 

 

クレジット納付のデメリットとして

 

・領収書が出ない

・納税してから納税証明書の発行が可能になるまで3週間ほどかかる

・決済手数料がかかる(1万円当たり76円(消費税別))

・決済可能額は1000万円未満かつカードの決済可能額以下

 

 

メリット、デメリット共に検討してからご活用下さい。

 

 

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 竹田


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00