節税対策 - 2017-05-19

納税地が異動した場合の手続きの簡素化について

これまで引っ越し等で納税地が変わる際、異動前と異動後の納税地の税務署へ異動届出書を出す必要がありました。

しかし平成29年4月1日以後、手続きが簡素化され異動後の税務署への届け出が不要になりました。

 

 

これは平成29年度税制改正による措置で、他にも法人設立届出書、収益事業開始届出書、普通法人又は協同組合等となった旨の届出書等を出す際に登記事項証明書の添付が不要になります。

 

 

登記事項証明書は取得に数百円かかるため今後会社設立を考えられている方には朗報だと思います。

 

川庄事務所では開業支援も行っておりますのでお考えの際は弊社へご相談ください。

 

 

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 竹田


ブログ TOP

節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


節税対策 2024-05-09

 2023年10月の導入されたインボイス制度ですが、一度インボイス発行事業者として登録したが、インボイス発行事業者の登録を取り消して免税事業 ...


節税対策 2024-04-24

仮想通貨の税金について書きます。   ・いつ税金が発生するか?  株式などの一般的な金融商品は利益が確定した時点(売却時 ...


お客様の声 2024-04-19

令和5年度の税制改正により相続税法の改正が行われました。 主な改正点は以下となります。   ①  相続時精算課税制 ...


経営コラム 2024-04-12

これまでは、申告書等を書面で提出する際に、申告書の控えと返信用封筒を同封すれば、後日収受日付印が押なつされた書類が返送されていました。 し ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00