節税対策 - 2019-12-18

お酒の税金の話

冬は忘年会に新年会など、いつもよりもお酒を飲む機会も多いと思います。

お酒は軽減税率の対象外ですから、消費税も10%になり、お酒好きの方にとって痛いところですが、お酒にかかっている酒税についてお話していきたいと思います。

 

酒税は小売価格に含まれているため実感しづらい税金です。

そして、お酒の種類(4種類に分類)によって税率が異なり、1キロリットルあたりで税率が設定されています。

 

発泡性酒類(ビールなど)・・・220,000円(1キロリットルあたり)

醸造酒類(清酒など)・・・140,000円(〃)

蒸留酒類(ウイスキー、焼酎など)・・・21度以上21度未満 200,000円(〃)

                   20度を超えると1度ごとに10,000円加算

混成酒類(合成清酒など)・・・21度以上21度未満 220,000円(〃)

               20度を超えると1度ごとに11,000円加算

 

ビールは税金が高い!!と言われるのは、この税率の単位によるところが大きいのです。

消費税まで含めると、おおよそ4割以上が税金になります。

発泡性種類の中でも、麦芽比率やアルコール度数によっても税率が異なり、麦芽を使わない発泡性酒類(新ジャンルのビールと呼ばれているものを含む)は1キロリットルあたり80,000円と、ビールと比較してかなり低い税率になっています。

これが、ビールと発泡酒や新ジャンルのビールの小売価格の違いに大きく影響しています。

 

しかし、2017年の税制改正で2026年にはビール類の酒税が350mlあたり54.24円に統一されることが決まり、2020年から段階的に実施されていくことになっています。

現在、350mlあたり77円のビールからみれば減税、28円の新ジャンルのビールからみると増税になります。

ちなみに海外に目を向けると、ビールの小売価格に占める税金の割合はドイツ20.4%、フランス22.7%、アメリカ14.3%と、日本のビールの税金の高さは群を抜いています。

お酒の種類でいくと、清酒やウイスキーの税金の割合はおおよそ2割程度です。

 

お酒はおいしく楽しく。

飲みすぎにはご注意くださいませ。

 

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 植木


ブログ TOP

節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


経営コラム 2021-06-09

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援 ...


節税対策 2021-06-03

1,000万円以上する居住用賃貸建物を取得する場合は、注意が必要です。 ※居住用賃貸建物を取得等した場合の仕入税額控除の適用不可令和2年1 ...


節税対策 2021-05-26

消費税法上、消費税が課税される取引は次の要件を満たすものをいいます。 ①国内において行われる取引 ②事業者が事業として行う取引 ③対価 ...


節税対策 2021-05-17

令和3年4月1日以降、国税に関する税務関係書類(申告書・届出書等)について、次に掲げるものについてのみ押印が必要となり、これ以外のものについ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00