節税対策 - 2021-04-14

住宅取得等贈与の特例



父母や祖父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合、
一定の金額までは贈与税がかかりません。
平成27年から始まったこの特例は令和31231日で終了します。
通常の贈与に比べ、要件はあるものの節税効果が高く、
住宅取得を考えて いる方にはお勧めです。

住宅用の家屋の新築等に係る対価等の額に含まれる消費税等の税率が10%である場合

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日 省エネ等住宅 左記以外の住宅
令和341日~令和31231 1,200万円 700万円


通常の贈与ですと、110万円を超えると超えた部分について
贈与税がかかります。
例えばこの制度を使えば贈与税0となる700万円も
通常の贈与の場合は88万円の贈与税がかかります。

この特例は贈与税負担が0の場合でも申告は必要で、
申告をしない限りはこの特例は使えません。
申告書の作成、詳しい要件については 川庄会計事務所までお問合せください。
                
                 川庄グループ 川庄公認会計士事務所 安部

 


ブログ TOP

節税対策 2024-07-12

今日は、川庄会計の戸島です。 前回のブログにて、税務署等の調査あった場合には、その調査が「任意調査」なのか「強制調査」であるのか、調査担当 ...


お客様の声 2024-07-05

源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 ただし、給 ...


人事労務コラム 2024-06-26

6月支給分の給与、賞与から定額減税が始まりました。個人事業主で予定納税がある人の定額減税の取扱いについて書きます。個人事業主の予定納税とは& ...


お客様の声 2024-06-21

  近年における経営者の高齢化により、次の世代へ経営権を引継ぎしたいと考える経営者も多いと思います。しかし事業承継における課題とし ...


経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00