節税対策 - 2021-04-21

コロナ禍における借主への賃料の一時的な減免について

コロナ禍における借主への賃料の一時的な減免につきまして、

通常、借主に対する賃料の一時的な減免は、貸主から借主への利益供与として減額前後の賃料差額が寄付金となり、損金に算入できません。

しかし、賃料の減額が次の条件を満たすものであれば、実質的には取引先等との取引条件の変更と考えられますので、その減額した分の差額については寄附金として取り扱われることはありません。

 

① 取引先等において、新型コロナウイルス感染症に関連して収入が減少し、事業継続が困難となったこと、又は困難となるおそれが明らかであること

② 賃料の減額が、取引先等の復旧支援(営業継続や雇用確保など)を目的としたものであり、そのことが書面などにより確認できること

③ 賃料の減額が、取引先等において被害が生じた後、相当の期間(通常の営業活動を再開するための復旧過程にある期間をいいます。)内に行われたものであること

 

※取引先等に対して既に生じた賃料の減免(債権の免除等)を行う場合についても、同様に取り扱われます。

 

不明点などがござましたら、ぜひ川庄公認会計士事務所までお問合せください。

 

                            川庄グループ 川庄公認会計士事務所 山下


ブログ TOP

節税対策 2021-05-06

事前確定届出給与とは、役員に対して所定の時期に所定の金額を支払うという旨を定めて、事前に税務署に届出をして支払う給与のことをいいます。本来役 ...


節税対策 2021-04-27

新たに設備投資する際に手元資金が不足している場合の手法としてリースと割賦購入があります。  リースとはリース会社から設備を借りてその対価と ...


節税対策 2021-04-14

父母や祖父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合、一定の金額までは贈与税がかかりません。平成27年から始まったこの特例は令和3年12月 ...


節税対策 2021-04-07

間違いやすい消費税処理について今回は住宅として賃貸借契約をしている建物を事業所として使用した場合の消費税処理を取り上げます。   ...


お客様の声 2021-03-31

コロナ禍で、失業する方々も増えている昨今 ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた新卒・中途採用による人材の獲得や人材育成への 投資を促進す ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00