節税対策 - 2021-04-27

リースと割賦購入について

新たに設備投資する際に手元資金が不足している場合の手法としてリースと割賦購入があります。

 リースとはリース会社から設備を借りてその対価として使用料を支払うことで、割賦購入は設備を購入して代金を分割して支払います。

 いずれも一度に多額の資金を必要とすることなく分割して支払う点で共通していますが、両者の違いは下記の通りになります。

 

形態

リース(所有権移転外ファイナンスリース取引)

割賦購入

中途解約

原則不可(中途解約の場合残リース料を支払)

原則不可

所有権

リース会社

売主に留保

税金・保険負担

固定資産税・保険料等はリース会社

買主

保守費用負担

原則としてリース会社(メンテナンス等)

買主

契約終了時

原則として返還

所有権が買主に移転

処分

リース会社が処分

買主が処分

支払

リース料が経費となる(損金算入)

利息・減価償却費が損金算入

消費税

リース料支払分を支払年度で控除

購入年度に全額控除

 

検討する際に留意する点は、

  支払総額

  契約期間

になると思われます。

 

①については割賦購入では支払時に利息も一緒に支払いますが、リースではリース料として支払います。利率では割賦購入の方が低いですが、リースでは保守費用等相当額がリース料に含まれているためこれら諸費用を含めた総支払額による有利不利はそこまでないと思われます。

 ②については契約終了時にリースについては原則返還しなければならず契約を更新する場合は再リース料を支払う必要があります。割賦購入については全額支払い後には支払いはありません。一般的には設備等の利用期間が長期に見込まれる場合(おおむね5年以上)は割賦購入、短期間の場合はリースで契約する方が有利と考えられます。

 

 ご不明な点がございましたら、川庄会計事務所までご相談ください

 

川庄グループ 川庄公認会計士事務所 原


ブログ TOP

節税対策 2021-05-06

事前確定届出給与とは、役員に対して所定の時期に所定の金額を支払うという旨を定めて、事前に税務署に届出をして支払う給与のことをいいます。本来役 ...


節税対策 2021-04-21

コロナ禍における借主への賃料の一時的な減免につきまして、 通常、借主に対する賃料の一時的な減免は、貸主から借主への利益供与として減額前後の ...


節税対策 2021-04-14

父母や祖父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合、一定の金額までは贈与税がかかりません。平成27年から始まったこの特例は令和3年12月 ...


節税対策 2021-04-07

間違いやすい消費税処理について今回は住宅として賃貸借契約をしている建物を事業所として使用した場合の消費税処理を取り上げます。   ...


お客様の声 2021-03-31

コロナ禍で、失業する方々も増えている昨今 ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた新卒・中途採用による人材の獲得や人材育成への 投資を促進す ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00