経営コラム - 2021-06-09

月次支援金について

今年4月以降の緊急事態措置やまん延防止等重点措置(以下「対象措置」)で大きな痛手を被った中小企業や個人事業主のために、新たな支援策「月次支援金」が始まります。

 

この補助金は、月ごとに申請し、月ごとに判定されます。

初回の4月・5月分の申請受付は、6月16日から8月15日です。

以下の対象要件に当てはまる場合は、この機会をご活用ください。

 

【対象要件】

 以下の両方ともに該当する中小企業や個人事業主

 

(1)2021年4月以降に実施される対象措置に伴う要請を受けて、休業又は時短営業を実施している飲食店と直接・間接の取引がある事業者や、これら地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けている事業者

 

(2)その月の売上が、2019年又は2020年の同じ月の売上より50%以上減少

 

給付対象の具体例

 対象措置の影響を直接受けた事業者例

  〇食品小売店、衣料品店、美容院等、日常的に訪れるお店

  〇学習塾や習い事の教室

  〇クリニックや福祉施設、ドラッグストア

  〇スポーツ施設や劇場、博物館

  〇旅館、レンタカー、タクシー

 

 対象措置の影響を間接的に受けた事業者例

  〇士業等の専門サービス事業者

  〇システム開発等のITサービス事業者

  〇映像・音楽・紙媒体のデザイン制作事業者

  〇飲食料品の卸売事業者

  〇農業や漁業を営む事業者

 

なお、対象月において、地方公共団体による休業・時短営業要請に伴う「協力金」の支給対象となっている事業者は、対象外となります。

 

【支給額】

 申請は上記要件に該当する月ごとに行い、基準月と売上との差額が支給されます。

 事業所単位の給付です。店舗単位・事業単位ではありません。

給付額 = 2019年または2020年の基準月の売上 - 2021年の対象月の売上

上限は、中小法人等が20万円/月、個人事業者等が10万円/月

 

【申請期間】

対象月 申請期間
2021年4月・5月 2021年6月16日~8月15日
2021年6月 2021年7月1日~8月31日

 

なお、上記は国の月次支援金となりますが、こちらに当てはまらない場合、県や市の月次支援金に当てはまる場合もございます。

 

福岡県の場合、給付要件は、

飲食店の休業・営業時間短縮や外出自粛等の影響を受け、その月の売上が2019年又は2020年の同じ月の売上より30%以上50%未満減少

となります。

 

詳しくは各地方自治体のホームページをご確認ください。

自治体ごとに併給ができたりできなかったり等ございますので、要件や申請期限をよく確認の上、申請することが必要になります。

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所  大薗


ブログ TOP

節税対策 2021-06-16

先日、新聞の折り込みチラシに春日市商工会スマイル商品券の予約販売の広告がありました。いつもプレミアム付商品券を買い忘れてしまい恩恵にあやかれ ...


節税対策 2021-06-03

1,000万円以上する居住用賃貸建物を取得する場合は、注意が必要です。 ※居住用賃貸建物を取得等した場合の仕入税額控除の適用不可令和2年1 ...


節税対策 2021-05-26

消費税法上、消費税が課税される取引は次の要件を満たすものをいいます。 ①国内において行われる取引 ②事業者が事業として行う取引 ③対価 ...


節税対策 2021-05-17

令和3年4月1日以降、国税に関する税務関係書類(申告書・届出書等)について、次に掲げるものについてのみ押印が必要となり、これ以外のものについ ...


経営コラム 2021-05-13

5月12日より、福岡県も3回目の緊急事態宣言が発令された事に伴い、福岡県独自の支援策が発表されています。   <飲食店> ・ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00