経営コラム - 2023-07-04

予定納税をお忘れなく!

個人事業者の方は基本的に所得税の納付が年3回に分けて行われます。

その1回目の納付が今月7月31日(月)となります。また、2回目の納付は11/30(木)

3回目の納付が確定申告となります。この内、1回目と2回目の納付を予定納税と言います。予定納税が必要な方は6月中旬ごろに税務署から通知書が届いているかと思われますので記載のある金額を納付することになります。

ではなぜ3回にも分けて納付するのでしょうか?それは1年分の納税額を分散させるためで、1年分を1回で納付するより3回で納付したほうが納税計画を立てやすいでしょということらしいです。

 

とは言っても予定納税額は去年の納付税額を基に計算しますので、今期の業績が前期よりあまりよろしくなかった方にとって税負担は大きいと感じます。その場合は減額承認申請を行うことにより納付額が軽減されますので検討されるのもいいかもしれません。

第1期については申請期限も迫っていますのでお早めに検討が必要になります。

また、納付し忘れる可能性が大の方は振替納税を検討されるのをお勧めします。

指定した口座より自動で引き落とされるので納付漏れの心配が必要なくなるのがメリットです。(残高不足の場合は納付書等で納付することになりますので注意が必要です。)

 

下記、予定納税の納付期限と減額承認の期限になります。

(納期限)

 第1期・・・7/31

 第2期・・・11/30

 第3期・・・翌年3/15

 

(減額承認期限)

 第1期・・・7/15までの申請

 第2期・・・11/15までの申請

 

7月は他にも源泉所得税の納付(納期の特例)、固定資産税の第2期分の納付があり、意外と納付の多い月となりますので納付し忘れが無いように注意が必要です。

 

                                     川庄公認会計士事務所 畠中

 


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00