人事労務コラム - 2015-10-31

傷病手当金について

病気などで仕事ができない場合には、健康保険に傷病手当金という制度があります。

 

これは協会けんぽによる制度で、仕事ができない期間の生活を保障する制度です。仕事が出来なくなってから4日目以降から支給され最大1年6ヵ月まで支給されます。

 

自営業の方や、大企業などの企業健康保険に加入されている方の場合には、多少異なったりする場合がありますのでご相談ください。

 

この制度を受ける場合には、次の要件を満たす必要があります。

 

1) 業務以外の怪我・病気であること。

 

2) 医師により就労不能であることの証明をうけること。

 

3) 4日以上の連続欠勤があること。

 

4) 休んでいる期間の給与がないか、傷病手当金の額より小さいこと。

 

5)就労不能が療養の為であること。

 

特に、入院した場合は就労不能期間が長くなることが多くなると思いますので、是非ご活用ください。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 中馬


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00