節税対策 - 2016-11-02

贈与税の基礎控除

 贈与税の基礎控除額が110万円になったことはご存知の方も多いでしょう。ところが、この控除額には注意が必要です。控除額の110万円は、受贈者に対しての110万円となるので、例えば

 

同じ年に

祖父から孫Aへ80万円贈与し、

祖母から孫Aへ80万円贈与したとすると、

孫Aは160万円を受贈したこととなり、

  【  160万円 - 基礎控除額 110万円 = 50万円  】

で、50万円分は贈与税の対象となります。

 

贈与をする場合、受贈者がその年にいくら受贈しているかを考慮して行う必要があります。

 

将来に向けて贈与や相続をお考えの方は、川庄公認会計士事務所事務所へご相談ください。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 田原


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00