節税対策 - 2022-08-19

名義預金ではありませんか?

親が作った子供の通帳に親自身がちょっとずつ入金をしていった場合、

現状では年間110万までであれば、贈与税はかかりません。

ですが、この口座の存在を子供がしらない場合は、

贈与自体が成り立たず、子供の名義を使った親の預金「名義預金」

として取り扱われてしまいます。

相続を見越して少しずつ子供に資産を移そうとしていても

名義預金と認識された場合は、資産の移動はなく

相続財産として相続税の計算に含まれてしまいます。

 

名義預金とみなされないためにはポイントがいくつかあります。

そのうちの何点かを上げると下記のようになります。

①適切な贈与契約書がある?

②名義人(子・孫)はその口座の存在を知っていて自由に引き出すことができた?

③その口座の印鑑は被相続人が使っていた印鑑とは別の印鑑?

④通帳、キャッシュカード、印鑑の管理者が名義人(子・孫)自身?

 

生前にしっかりと相続税対策をすることが、

残された家族への大きな贈り物となります。

ご相談は是非、川庄会計事務所へ

                     川庄会計事務所 安部


ブログ TOP

経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


経営コラム 2024-06-12

経営者にとって消費税の納税は最初にぶち当たる高い壁ではないでしょうか。赤字なのに、こんなに消費税がかかるの?と聞かれることがよくあります。消 ...


経営コラム 2024-06-03

前回に引き続き国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みについてです。 前回納税の方法としてダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)を紹介し ...


節税対策 2024-05-23

国税のキャッシュレス納付拡大の取り組みとして令和6年5月以降の送付分より、e-Taxにより申告書を提出している法人などについて、納付書の事前 ...


節税対策 2024-05-16

今日は、川庄会計の戸島と申します。 去年の7月まで、税務署に勤めていました。(主に個人調査担当) 過去には、査察調査にも従事したことがあ ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00