節税対策 - 2023-01-27

補助金で固定資産を購入した時

あっという間に2023年も1ヶ月が過ぎようとしています。

1月末期限のものには、給与支払報告書・法定調書・償却資産税申告書があります。

 

インボイス制度や電子帳簿保存の原則義務化に向けて、新しいシステムの導入をする際にIT補助金を申請された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

以前は採択率が5割程度と、申請に少し躊躇してしまうところでしたが、2022年のデジタル化基盤導入枠の採択率は9割近くということもあり、大盤振る舞いともささやかれているようです。

 

基本的に、補助金を受け取れば収入となりますが、補助金を活用して固定資産等を購入した際は、圧縮記帳が認められています。

圧縮記帳をする事で、補助金額(収入)と同額の圧縮損(経費)を計上する事になる為、補助金に課税されることはありません。

注意点として、

 

・購入した固定資産は、圧縮記帳後の価額(購入額から補助金額を差し引いた金額)から毎年の減価償却費を計上する形となる

・償却資産税は購入額での申告となる

・中小企業投資促進税制(中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は税額控除)における基準取得価額は圧縮記帳後の価額となる

 

といったことが挙げられます。

また、個人事業主が圧縮記帳をする場合、確定申告の場合は「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」の提出が必要になります。

 

そろそろ確定申告の時期が迫ってまいりました。準備はお早めに。。。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 植木

 


ブログ TOP

節税対策 2024-07-12

今日は、川庄会計の戸島です。 前回のブログにて、税務署等の調査あった場合には、その調査が「任意調査」なのか「強制調査」であるのか、調査担当 ...


お客様の声 2024-07-05

源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 ただし、給 ...


人事労務コラム 2024-06-26

6月支給分の給与、賞与から定額減税が始まりました。個人事業主で予定納税がある人の定額減税の取扱いについて書きます。個人事業主の予定納税とは& ...


お客様の声 2024-06-21

  近年における経営者の高齢化により、次の世代へ経営権を引継ぎしたいと考える経営者も多いと思います。しかし事業承継における課題とし ...


経営コラム 2024-06-17

令和7年1月1日以降に支払を受ける給与等について、簡易な扶養控除等申告書を提出できるようになります。 この「簡易な扶養控除等申告書」は、扶 ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00