節税対策 - 2023-09-21

居住用賃貸建物の取得等に係る消費税額の調整について

 

◎ 令和2年度の税制改正において居住用賃貸建物の取得等に係る消費税の仕入税額控除の適用を受けることができないという制限が設けられた。

(適用開始時期は、令和2101日以後に行われる居住用賃貸建物の課税仕入れ等の税額について適用されます。)

しかし、一定の条件に見合う場合には、仕入税額控除の適用を受けられなかった部分について、調整を行えるように規定がされています。

ポイントは、次の3つです。

 

1.       どういった場合に、調整ができるのか?

➀ 用途の転用 → 居住用を事務所や診療所といった課税賃貸用とした場合

     居住用賃貸建物を譲渡した場合

 

. 調整の判定時点は、いつなのか?

    第三年度の課税期間 ※1

★ ポイントは、取得から3年経過する日の属する課税期間の末日までの間に、上記2つのどちらかの場合に該当することとなった場合。

この場合、その要件が発生した年度で調整するのではなく、あくまでも第三年度の課税期間の申告において調整されるというところがポイントである。

 

. どうやって調整するのか?

 ① 用途の転用した場合

   第三年度の課税期間の末日にその居住用賃貸建物を有しており、かつ、その居住用賃

   貸建物の全部又は一部を調整期間(取得等の日から第三年度の課税期間の末日まで)

に転用した場合

 

 ② 譲渡した場合

   調整期間に他の者に譲渡した場合

 

       令和年4月国税庁「消費税法改正のお知らせ」

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/r02kaisei.pdf の一部を加工して作成

 

以上、居住用賃貸建物の取得等に係る消費税額の調整についての注意点です。

 

     川庄グループ 川庄公認会計士事務所 鈴木


ブログ TOP

経営コラム 2023-12-01

令和5年分確定申告より、マイナポータルとe-Taxを連携することにより、 ・給与所得の源泉徴収票 ・国民年金基金掛金 ・iDeCo ...


節税対策 2023-11-24

昨日はとても暑く、夏が舞い戻って来たかと思いました。そんな中、「かすが自転車さんぽ2023」に参加してきました。参加したと言っても、各々自由 ...


経営コラム 2023-11-17

税務上、得意先等への接待で飲食等を行った際の費用が、1人当たり5,000円以下である場合には、交際費等から除くことができます。 なおこの場 ...


節税対策 2023-11-06

 法人が個人やフリーランスの方に下請け業務を依頼して支払いを行う場合、外注か又は給与のどちらに該当するか迷うケースがあると思います。 &n ...


人事労務コラム 2023-10-27

そろそろ年末調整の時期になりました。   令和5年の変更点について書きます。 今年は主に3つの変更点があります。 &nbs ...


092-524-6556
営業時間 9:00〜17:00